銀座駅フェムテック

Femtech

物販店

透明な境界

女性特有の健康の問題をテクノロジーで解決すると注目のFemtech(フェムテック)。
市場規模は2025年までに5.5兆円へと成長すると言われています。
テクノロジーで問題を解決する事、今まで話す事をタブーとされていた問題が話せる社会になってきた事、から注目されています。

そんな未来的な市場という事もあり、銀座駅の地下に完全無人でカード決済のみ、
扉も無く誰でも入れるという挑戦的な店舗の計画をしました。

​真っ白な店内は、1日に15万人もの人が行き交う雑多な銀座駅地下の通路と透明な境界線を作ります。
扱い辛い問題を取り扱う先端的な店舗だからの境界を作りました。

CREDIT

役割

​デザイン

場所

東京都

業態

物販店

年月日

2022年

デザイン

小林商店

工事

プラチナスペース

撮影

小林商店