DSC01921.jpg

古民家の宿 紋七

ホテル

小さな古民家の宿

築300年の古民家レストランの移築計画と共に、コロナ後のビジネスを見据えた古民家の宿の計画です。
古民家の宿と言うだけで特別なホテルという認識がありますが、地方という事もあり既に古民家の宿は近くに多く存在し、
差別化の為のコンセプトが必要だと感じていました。

一件の古民家の中にメインとなるレストランとホテルを計画する為、どうしてもホテルは小さくなります。
約40㎡という古民家としては小さなホテルですが、その大きさだからこそ一つの強いコンセプを考えられると思い、
ここにくると落ち着く時間を過ごせるホテルを目指しました。

どうやって落ち着くか?を考える中、この古民家は移築前には樹齢300年の木々に囲まれるまるでトトロの森の古民家だったと思い出しました。
その記憶とオーナーが波乗りを行い自然をこよなく愛する事を受け、緑に囲まれる古民家の宿を目指す事にしました。

大きな面の壁をボーダーとして緑の和紙を貼り、庭にはその内に生い茂る植物を植えます。
畳やカーテンも緑色で統一する事で、森に囲まれたホテルの記憶や自然を感じる古民家の宿として、
近くに存在する古民家の宿とは違い、奇をてらう訳でもなく古民家そのままの宿な訳でもなく、
人が自然と落ちつける、木や緑といった自然に囲まれたホテルを目指しています。

CREDIT

役割

​デザイン

場所

​千葉県

業態

ホテル

年月日

2022年7月

デザイン

小林商店

工事

保川建設

撮影

小林商店